社員インタビューInterview

取締役/高宮幹治

2014年中途入社

高宮幹治

取締役

「やっぱり電気の仕事がしたい」と思い、当社に入社

「やっぱり電気の仕事がしたい」と思い、当社に入社

電気工事関係の大手企業に20年以上勤めた後、別の仕事もしてみたいと思い転職して訪問販売をしていました。仕事を変えてみると、改めて「やっぱり電気がいいな」と考えるようになり、電気関係の仕事を探していたときに当社の求人応募を見つけたんです。

取引先一覧を見てみると、大手メーカーやその関連会社がズラリと並んでいました。業界内ではメーカーと直取引している会社はそうそうないので、「少人数でやっているのに、すごいな」と思いましたね。他の会社もいくつか検討していましたが、安定した取引先を持っている当社に惹かれ、入社を決めました。

工事や管理、営業までオールマイティに活躍

現場での電気工事から施工管理、営業まで、幅広い業務に携わっています。

お客様からのご依頼があれば見積作成からスタート。工事に備えての現場調査や図面の確認を行い、工事が始まれば現場の管理も行います。例えばマンションの共用部分の工事の場合、住民の方への事前連絡や当日のご挨拶まで担当します。小さな現場なら、電気工事も自分でやりますよ。

現場の規模やお客様のご要望によって、仕事内容は様々です。大きな現場になると、見積作成に数日かかることも珍しくありませんし、作業内容やスケジュールも複雑になります。事務所で集中的に作業をする日もあれば、現場を数か所まわる日もありますし、1日として同じスケジュールはないですね。

メーカーの看板を背負う責任は重大です

大手メーカー様とのお取り引きは安定感がある一方、大手の看板を背負って作業を行う責任は重大です。

メーカー様のお客様である建物オーナー様やその利用者様に、ご迷惑をかけるようなことは絶対にあってはいけません。私たちの失敗は、お客様の責任になってしまいますし、そうなれば次のお取り引きはなくなってしまいます。

当社での仕事は、コミュニケーション力も大事です。電気設備のトラブルで困っている建物のご利用者様に、「わかりません」と言ってしまってはダメなんです。その場で解決できなかったとしても、次に何をするのか、納得のいくような説明が必要です。

プレッシャーはありますが、やりがいも大きいですね。

お客様からの「ありがとう」の言葉が励みになります

様々な設備が複雑に関係している工場や、新築工事で多くの業者が関わっている商業施設など、難しい現場ほどやりとげた時の達成感は大きいです。担当した建物の近くを通りがかるたびに「頑張ったな」と思い出しますね。

建物のオーナー様やご利用者様に「ありがとう」と直接お礼を言ってもらえる瞬間もうれしいです。何年もメンテナンスを担当していると、「今年も来てくれたね」と声をかけてくれる方もいるんですよ。

当社は関西をはじめ全国の現場に携わっていますので、いろんな地域の建物を見られるのも楽しいですね。経験を積むほどに、奥深い仕事だと感じます。

幅広い能力が身に付く会社です!

単なる電気工事の作業だけではなく、現場管理やメーカー様とのやり取りなどさまざまな人と関わるのが当社の仕事。パソコンで報告書や見積書を作ることもあります。やる気次第で、幅広い能力が身に付けられる会社です。

一つのことに集中したい人よりも、何でも自分でやってみたいと思う人が向いていると思います。もちろん、困ったことやわからないことがあれば皆でサポートしますので、どんどん相談してくださいね。

少しでも興味を持った方は、ぜひご応募ください。一緒に働けるのを楽しみにしています!

SNSでシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加